咲-Saki-連載祝10周年トークイベントに行ってきました


【祝!咲-Saki-連載10周年 その歴史を振り返る】という咲-Saki-ファン主導のトークショーに行ってきました。
咲-Saki-連載当初から咲-Saki-全国編までを振り返るイベントでした。

自分としては1期が放映されるまではイベントには行きませんでした。
ですので特にアニメ放映前の咲-Saki-に関するイベントを知る機会があり知らなかった知識を得ることができました。

またキャラクタービンゴで当選し、参加者が持参した関連グッズをいただくことができました。
自分も無論小さいですが持参しました。

その後の2次会では美味しいケーキやお酒から色々な方々との交流を得ることができました。



咲-Saki-を振り返るトークライブ


咲-Saki-シリーズを振り返るトークライブが1次会の時に行われました。
基本的にこれがメインと言っても過言ではないです。
上の画像はトークライブ中の机の上です。

他にも舞台に強い方やイベントに強い方等のコメントも客席側からありました。
非常に興味深い話が多く、一方的ではない周囲からの追加コメントや質問がある、トークライブならではの形式でした。


同人誌の話題から誤植や印刷ミスさらにはアニメイベントまでと2014年までを振り返りました。
雑誌でしか読めないシーンやカラーもあるということが話題になりました。
咲-Saki-だけではないのですが、高い頻度で修正する咲-Saki-においては、特に雑誌またはページを捨てるという行為はよろしくないことだということが身に沁みました。



咲-Saki-が連載される前の読み切りから、咲-Saki-の読み切りそして連載へとヤングガンガンにおいての小林立の歴史を振り返るような流れでした。
恥ずかしながら自分も横から口を挟んだり同人誌を壇上の方が経由でお見せしました。

誰にも言わずにこの日に合わせて死に物狂いで購入したコピー紙も壇上にお貸ししました。
上の画像で、咲連載から半年後のコミケに向けて描いたコピー紙です。

2次会にお見せしようと思った物や、まだ見せていない咲に関する同人誌もありました。
もしも仮にこのようなイベントがありましたら、前もって壇上に向けて渡して置きたいと思います。
そちらの方が話を切る必要もないでしょう。

トークショー中には間を挟んでビンゴ大会が行われました。

キャラクタービンゴ大会が行われた



会場であるトリガー入場後に松見館と印字されたボールペンを手渡されました。
この松見館ペンでビンゴ用の名前を書きます。


キャラクタービンゴ大会が開催されました。
主催参加者双方が関連グッズを持ちより行われました。
自分は2枚持っていたので、1枚上の画像のテレカを景品に出しました。
このテレカはカラフルピュアガール1999年5月号のイラストテレカです。

2001年発売のトレカパックをさらに開封したら新たにりつべ(小林立)のイラストが封入されていた

もう少しあるかなと思ったのですが、ダブる機会が無かったりするのでこれくらいしかありませんでした。
次の機会がもしあるのなら何かしら買ってこようかな…。


自分は早い段階でビンゴしました。
ビンゴしたキャラは、「宮永咲」「滝見春」「戒能良子」の三人です。
好きなキャラを選びましたし、はるる→良子の流れが凄く嬉しかった…。
ど真ん中に選らんのは、はるるです。

まさか最新話のシノハユキャラから作者である、「りつべ」や「あぐり」などが出るとは思いもしませんでした。
次やる時はりつべを書きたい…。


そして景品で当てたのが、この宮永照さんのねんどろいどフィギュアです。
まさかの照フィギュアが二つもあり驚きましたし、咲全国編のゲームが置かれているのにも驚きました。
実はねんどろいど初めてだったこともあり選びました。
次はこのまま咲さんとのどっちを購入したいと思います。




2次会ではタコスや名前にちなんだお酒が登場



タコベルのタコスが序盤に登場しました。
自分はタコスブレイズ以外にも良くタコスを食べに行くので非常に嬉しいです。


久しぶりのハードシェルのタコスを食べました。
ここ最近はずっとタコスブレイズのソフトシェルタイプを食べていたので、何故か懐かしい感覚になりました。


哩さんの絵が描かれた白水が鎮座されていました。
筆で描かれた哩さんが可愛い。


「桃」の滴と風は南からと咲関係を思わせる名前のお酒も登場しました。


さらに極めつけは至高の煌という焼酎が現れ周囲が驚き。
お酒に詳しくないので調べてみると、黄綬褒章記念焼酎とのことで良いお酒のようだ。
飲んでみても飲みやすいですし、美味しくまさしくすばらなお酒でした。

誕生日祝いのケーキも登場



志崎綾(30日)および白築慕(31日)の誕生日ということで作られたケーキです。
慕ちゃんが可愛くて入刀が躊躇われるほどだ。
しかも切ってみると物凄く硬く、そして縦に予想以上に大きいく、結構お腹に溜まるチョコレートケーキでした。


こちらは阿知賀の子供達のケーキだ。
可愛くてこっちも切りにくいぞ。
フルーツが多くて食べやすいのか体感的にはこっちの方が胃に優しかったです。

おわりに

 咲-Saki-10周年ということで行われたファン主催のトークショーでしたが、咲-Saki-に関して再復習できたかなと思いました。
それだけではなく自分が知らなかったことやこのイベントでの隣のブースでは…等、ファンが行ったイベントや舞台についての細かい知識を得ることができました。

美味しい物も食べられましたし、知らない人との交流や久しぶりに会ったり、そして会話を通じて新しい情報が聞けたりとファンとしては有意義な時間が過ごせました。
トークショーだけではなく交流するという点においても、場所の提供をされたトリガーさんの所に個人的に行ってみたいです。

またトークショー的な物が開催されたら行きたいです。
今回はファン主催のイベントでしたが、次は公式主催の連載10周年イベントが行われて欲しいです。
最近のイベントですと咲-Saki-全国編【vita】の店頭体験会が記憶に新しいです。
周年イベントは咲-Saki-ではなく、フェアに近いですがビッグガンガン4周年記念フェアが各書店で行われました。
【ビッグガンガン4周年記念】アニメイト特典-クリアファイル
【ビッグガンガン4周年記念】アニメイト特典-クリアしおり-を購入
【ビッグガンガン4周年記念】ゲーマーズ特典を購入

ヤングガンガン編集部によるイベントを期待するよりも、各店舗やアニメやゲーム側といった出版側ではない所のイベントに期待した方が良いのではないかと段々思うようになってきました。
少なくとも10周年ですので何かしらのイベントがある物と思い、この1年間を過ごしていきたいと思います。

ついでにヤングガンガン10周年の時の咲-Saki-感想記事です。
咲-Saki-第135局[攻戦]の感想 デュエルの種やのどっちのスタイルが少しわかる話だったよ

2016年に一般参加した即売会のまとめ感想記事です。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿