咲-Saki-第159局[準備]/咲-Saki-第167局[遭逢]で登場した舞台、味の素スタジアムに行ってきました


咲-Saki-第159局[準備]に登場した一コマです。
白糸台の話へ切り替わる時に使われた背景でもあります。
場所は白糸台ではないのですが、すぐ目の前が白糸台交差点がある味の素スタジアムです。
ここから歩いて白糸台そのものに行くことは可能ですが、自転車があった方が便利な地点にあります。
自分は自転車でここに向かいました。




作品内では


作品内と比べてみるとまず日時が違います。
私が撮影した時は日の出直後の4時過ぎでしたので、景色の再現ができていません。
また明るいので街灯が付いていないので、夜に行くことをオススメします。


明るさを弄ってみたのですが、太陽が邪魔で綺麗になりませんでした。
ただ味の素スタジアムから昇る太陽は妙にかっこいい気がします。

また咲-Saki-第167局[遭逢]でも構図が微妙に違いますが使われていました。


パノラマ



パノラマで見てみると分かるのですが、味の素スタジアム歩道橋がかなり広いのです。
スタジアムの入り口の一つでもあり、売店へ直結されているので当たり前ですね。

歩道橋から見た景色



新宿方面の景色ですが周りが工場やスタジアムだったりで意外と良くなかったりします。
また前の道は過去に自転車で通ったこともあるのですが、歩道側も車道側も双方走りやすいので、向かうのにはかなり楽です。

実はここ咲に縁のある地として通っています。
写真を撮らなかったことに後悔しています。
ここには当時咲作品では1期の頃からタイアップしているタコデリオがあり、しかもすぐ目の前が白糸台であることもあって行きました。
ここが完全に舞台になったので、咲の舞台の多摩地区一周がさらに広くなりました。

自転車で多摩地区にある咲の舞台を一周してきました

場所


味の素スタジアム前の上にある歩道橋が撮影スポットです。
すぐ目の前が白糸台ですが、この地点からの最寄駅は飛田給駅で駅から真っすぐ歩いていけば10分以内に着きます。
駅前には交番があるので分からなくなったら聞いてみるのも良いでしょう。

白糸台の舞台と見比べて


今までの白糸台の舞台と見比べてみるとわかるのですが、若干遠くにありますし府中市ではなく調布市です。
また今ままでの舞台は一直線で歩いて行けましたが、味の素スタジアムの場合は歩いていけなくもないが3駅分以上を歩かなくてはいけない状況です。

どのような過程で撮りに行ったのかは分かりませんが、少なくとも今までとは別の時期に撮りに行ったと考えられます。

実際連続で行くとなると結構歩きますし、時間帯が違うので時間帯を割り切っていくか、または別々に撮りに行くことになります。


おわりに


2年ぶりに白糸台の舞台(正確には調布市ですが)が追加されました。
阿知賀編の最終巻から少しづつ増えてきており、白糸台がメインの話になると一応高確率で増えていくので、今後も増えていくことが期待できます。

味の素スタジアムは白糸台の目の前だけど府中市にはないし、かといってシンボルのような広場や建物はここと多磨霊園しか思いつかないけどさすがにないだろ…と思っていたのですが、登場しました。
今までは瀧神社のさらに奥まで歩いていき、このまま大國魂神社まで進むのではないかと思っていました。
しかし実際はそうでもないどころか、時間帯が違っていたので少し驚きましたが、別の時間帯に再度撮りに行くことは良くあるので、普通に予測するのは近隣では難しいので予測することをやめました。


多摩地区の咲の舞台を自転車で一周するマップを2年前に作りました。
追加してみたのですが綺麗に一周できているのがとてもありがたい…。
白糸台はどちらかというと多摩川に近いので、シノハユで舞台として使われた多摩川沿いの場所も加えようかと悩んだのですが、綺麗に一周できそうにないので保留しました。


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク




0 件のコメント :

コメントを投稿